ギターのキズを自分で消せるスクラッチリムーバーをレビュー

こんにちは。

ゆうです。

 

ギター、楽しいですよね。

毎日弾きたいですよね。

(一人で盛り上がんなというツッコミはなしで…)

 

しかし、ギターは気を付けていても

使っているうちにどうしても細かいキズがついてきてしまいます。

 

それだけこのギターを使い込み、

愛してきた証拠…

 

という捉え方もありますが、

やはりキズがついてしまうと悲しいんですよね…。

 

メンテに出してキズを直してもらう?

いや、まあまあお金もかかるし…

あきらめるしかないのか…。

 

いや、あるんです

自力でキズを消す方法が

 

今日はその方法をお話します。

 

スポンサーリンク

ギターのキズを消す秘密道具:スクラッチリムーバー

キズを消すにはこちらの

スクラッチリムーバーというワックスの一種を使います。

タートルワックスという

そもそもは車のワックスを作っているメーカーが作っている

キズ消し用コンパウンドです。

 

これをクロスに出して

キズの部分を磨いていくと 

ギターのキズが消えていくのです

 

あんまりにも大きなキズは消せないのですが、

ちょっとこすったキズくらいなら消えるんです。

 

実際に消してみましょうか。

まず使い方の説明をします。

 

スクラッチリムーバーの使い方

使い方…と言っても、簡単です。

 

まずフタをしたままよく振ります

で、クロスに少々出します。

スクラッチリムーバーをクロスに出したところ

で、キズがある部分をこすっていきます。

ちょっと力を入れる感じで、キズを削るような感じで。

スクラッチリムーバーでギターを磨いているところ

ちなみにコンパウンドがかなり細かいようで

力を入れてこすっても新たなキズが出来ることはありません。

 

磨いているとスクラッチリムーバーがなくなってきます。

そしたら足しましょう。

 

キズがなくなるまでこすったら

キレイなクロスで拭き取って出来上がりです。

 

スポンサーリンク

ギターのキズを消してみる

では、実際に使ってみましょう。

今回はベースギターのこのキズをこすってみることにします。

青丸の中に注目してください。

ベースヒール部分スクラッチリムーバー前

ぶつけたような、こすったような…

そんなキズがついていますよね。

 

ここを上で説明した通りに

スクラッチリムーバーでこすっていきます。

 

するとこんな感じになります。

ベースヒール部分スクラッチリムーバー後

キズ、わからなくないですか?

このくらいのキズなら消すことができてしまうんです

 

このくらいのキズで3〜4回スクラッチリムーバーを足して、

5分くらい磨いた感じでしょうかね。

 

逆にもう少し深いキズになってしまうと

完全に消すのは難しいかもしれません。

キズを小さくしたり、目立たなくすることはできます。

 

かなりキレイになりましたよね。

キズの周りも磨き上げる形になるので

ピカピカになってますよね

 

ギターのキズを取る方法まとめ

今日はギターのキズを消す

タートルワックスのスクラッチリムーバーを紹介しました。

使い方も簡単でしたよね。

ギターのキズの消し方
  1. クロスにスクラッチリムーバーを出す
  2. ギターのキズがある部分を磨いていく
  3. キズが消えるまで何度か繰り返す
  4. キレイなクロスで拭き上げる

お手軽。

 

このスクラッチリムーバー自体も1000円程度で買えるので、

そんなに大きな出費じゃないですよね。

 

ぜひぜひ使ってみてください。

ちなみにこちらの記事で

ギターのメンテンナスグッズについてまとめてみました。

合わせてお読みいただければと思います。

それでは。

今日よりほんのちょっとステキな明日があなたに訪れますように。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事