こんにちは。

ゆうです。

 

何かの資料とか、本とかまとめてスキャンしたりすると

Evernoteに送りたいファイルが一気にたくさん出て来る時がある。

 

ずっと一Evernoteで一個一個ノートを作っては送るというのを繰り返していたけど、

実はもっと簡単に速くEvernoteに送る方法があったので紹介したいと思う。

 

今回はMac版でのやり方。

多分、Windows版でも同じようなことは出来ると思う。

 

この記事の内容

スポンサーリンク

手順

やり方は本当に簡単。

まず送りたい複数のファイルを選択する。

選択中

こんな感じ。

 

そしたら右クリック。

「このアプリケーションを開く」から「Evernote」を選択。

Evernoteへ

 

するとこれだけで、今選んだものが全てEvernoteで開かれる。

 

転送後Evernote

こんな感じ。

 

スキャンとかでデジタル化したはいいけど、一個一個Evernoteにノート作っては貼り付ける作業はめんどくさいなと思っていたらこんな方法があったとは…。

 

あとは、Evernote側でノートブック振り分けたり、タグ付けたりするだけ。

 

まとめ

みんな知ってたんかな?

念を押してこんな方法あるよ、と言うほどのことでもないんかな?

 

でも、知らなかった人はすごく便利になるんじゃないかな。

 

ちなみにMacの中にインストールされているアプリで開くということなので、

Evernoteのアプリ版がインストールされていないと使えないと思う。

 

それでは。

昨日よりほんのちょっとステキな明日があなたに訪れますように。

【関連記事】

Evernoteって知ってます?

Evernote ノートブックでノートを分類しよう

Evernote タグ付けをする意義は何だろう?

Evernote ノートにタグ付けをしてみよう

Evernote 自分だけのメモをどんどん増やそう

Evernoteで参考資料を集めよう

Evernoteで様々なログを取っておく

自分らしさを取り戻せ! - Evernoteをトリガーにする術

Evernoteの本質はメモアプリ

【Mac版Evernote】複数のファイルを一気に送る方法

【Evernote】探している名刺を一発で見つけられる管理方法

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

こんな記事はいかが?