本の電子化マニュアル(2)- 本をパソコンに取り込んでみたいけど、必要なものもやり方もピンと来ていない人へ

こんにちは。

ゆうです。

 

今日も本の電子化マニュアル。

前回の記事「本の電子化マニュアル(1)- なぜ本をPCなどに取り込む必要があるのか分からない方へ」では、なぜ本をスキャンしてデータ化するのか?を考えてみた。

 

今回は具体的にどのような手順でスキャンを行っていくのかを紹介してみようと思う。

 

スポンサーリンク

揃えるべき道具

最初に必要な道具を紹介したいと思うんだけど、なるべくお金かけない方向で、

でもなるべく楽してやりたいということで揃えたのがここで紹介するもの。

 

道具に関しては好き嫌いもあるので、一つの参考として見てもらえれば幸い。

 

カッター

 カッターは100均のでもいいんだけど、ここはちょっとだけ投資してみてほしい。

このロータリーカッターという商品が便利でオススメすぎ。

普通のカッターと違って、円形の刃をコロコロと転がすだけでどんどん切れていく。

文字で説明されるよりもこちらの動画を見ていただいた方がわかりやすいと思う。

 

 

こんな感じでコロコロすると、どんどん切れていく。

ちょっと下方向に力を入れるだけでいい。

本当に楽だよ、コレ。

1冊1〜2分くらいで切り終わっちゃうんじゃないかな。

 

金属製定規

次は定規。

金属製がオススメ。

例えばこんなようなもの。

でも、これについては100均のもので十分。

 

カッターマット

やはり裁断なので念のためカッターマットはあった方がいい。

机が傷つく心配がない。

自分が使っているのはコレ。 

A3版ということで結構大きめ。

上で紹介したロータリーカッターもカッターはカッターなので、

やはりマットはあった方がいい。

 

自分はかなり不器用なんで余裕をもって大きいものを使っているけど、

これも100均でも売ってる。

ただ、小さくて自分はやりにくかった。

ある程度の大きさはあった方がやりやすいのは確かだと思うよ。

  

スキャナ

 スキャナ。

これがなければ今回の話は始まらない。

 

これもいろいろ種類があって迷うところではあるんだけど、

自分が使っているのはcanonのこの機種。

 

今では後継機種でこんなものが出てるみたい。

サイズ的には小さめの機種で、ハンディタイプと言える。

大型のものの方がスキャナとしては安定した動作をすると思うんだけど、

その分お値段も高い。

また、手軽に持ち運びすることも出来ないという点から、自分はハンディタイプを選んだ。

 

この大きさのもので有名なのがscansnapではないかと思う。

多分、世間ではscansnapユーザーの方が多いのではないかと思う。

統計は特に取っていないけど、何かとスキャナの記事で押されているのはこの機種だ。

 

でも、自分はこれを選ばなかった。

なぜならこのサイズのscansnapは片面読み取りなのだ。

 

上で紹介したcanonのimageFORMULAという機種だと、

ハンディタイプでも裏表の両面を同時にスキャンしてくれる。

 

本を電子化するという時に片面しか読み込めないのでは話にならない。

必然的に自分はcanonのスキャナを選んだ。

使ってみてすでに数年が経過するけど、とても使いやすくて文句はない。

 

番外編:裁断機

お値段が急激に跳ね上がるので自分は導入していないけども、

カッターの代わりに裁断機というものを使うという手もあるにはある。

表紙ごとサクッと裁断できてしまうくらい強力なアイテムではある。 

ただ、この手のものは値段が3万〜4万円と、

個人的に本を電子化したいんですよねくらいの心意気の人がさっと買うには

少々勇気がいる値段でもある。

 

また結構サイズも大きいので、保管場所の確保も必要。

 

お金にしても場所にしても、何かと余裕のある方は視野に入れてみてもいいかも。

自分は「なるべくお金もかけず」と「なるべく楽に」というコンセプトがあったので、

バランスを考えるとロータリーカッターが一番だという結論であった。

 

電子化作業

それでは、ここまでで必要な道具の紹介も終わったので、

実際の作業がどんなものなのか順番に紹介していきたいと思う。

 

本の裁断

ロータリーカッターの紹介のところの動画で見てもらった通りで、

あんな感じでコロコロして、一冊切りきることになる。

不器用なゆうさんでも出来るので、どなたでも簡単に出来ることであろう。

 

一応こんな感じで表紙だけはグイッとめくっておいて、

ページのはじ辺りに定規を当てる。

切り始め

で、定規に沿ってコロコロする。

上の方の動画を見てもらえばやりかたは一発だよね。

 

カッターのここの幅以上は一気に切れないので、少しずつ切り進んでいこう。

転がしては切れたものをよける。

また転がしてはよける。

 

この繰り返しのみ。

1冊切るのにおよそ1〜2分。

 

スキャナがけ

スキャナは裁断の終わった本を順番にどんどんセットしてはスタートを押すだけ。

canonのスキャナでやる場合、一応説明書には1回にセットする紙は10枚までということになっているけど、

自分は12枚程度は行ってしまう。

今のところ、故障したことはない。

(でも、やってみる場合は自己責任でお願いします)

 

12枚数えてセット、スタート。

最初の12枚をスキャンさせている間に、次の12枚を数えておく。

 

ちょっと面倒に思えるけど、慣れてくるとあっという間。

1冊2〜3分もあれば終わる。

 

スキャナの設定は解像度が300dpi、

カラーモードはグレースケール。

最後にPDFを標準で保存するか、高圧縮で保存するかを決められるので、自分は高圧縮で保存している。

この辺の設定は機種によって違うはずなので、同じ機種をお持ちの方は参考にしてみてほしい。

 

ちなみにこのスキャンの時、いくつかコツがある。

横方向に原稿をセットするということと、

白紙スキップ機能は使わないということだ。

 

原稿は横向きにセット

まず縦方向ではなく、横方向に本をセットした方がスキャンスピードが上がる。

原稿の向き 

写真の紙の場合、縦方向に流すと1枚あたり19センチを読み取らないといけないが、

横に流せば12センチで済む。

スキャンの時間はだいたい5分の3程度になる。

 

向きがバラバラになるじゃないかと思うかもしれないけど、その心配もない。

恐らくcanon以外の機種にもそういう設定はあると思うけど、

文字の方向を自動で読み取って、原稿の向きを勝手に修正してくれるという機能がある。

その機能を使ってあげれば、短く原稿をスキャンして、方向を揃えることが出来る。

 

白紙スキップ機能は使わない

もう一つは白紙をスキップしないこと。

これは正しく紙送りが行われたかを簡単に確認するためだ。

 

ハンディタイプは値段も安く、持ち運びも楽な反面、

大型機種に比べると紙送りの精度で劣るように思う。

どうしても次の画像のように2枚同時に搬送されて、重なった状態でスキャンが進んでしまうことがある。

 2枚重ねスキャン

 

自分の場合、12枚単位で原稿をセットするので、一回スタートを押すと12枚の両面分で24枚のスキャンデータが出来上がる。

2枚重ねてスキャンした箇所があると、24枚ではなく22枚とか20枚のデータしか出来ない。

だから12枚ずつやっているにも関わらず、24の倍数でないデータが出来上がって来た時は、どこかで重なってスキャンされてしまったということになる。

 

正しくスキャンされると24の倍数のデータ、

つまり24、48、72、96…という風なデータの数が出来上がってくる。

 

これを白紙のページはスキップするにしてしまうと数えにくくなってしまう。

24ページ分のデータの中に白紙が1ページ分あったとしたら、出来上がったデータは23ページ分。

次の12枚の中に白紙が3ページ分あったとすると44ページ分。

こうなってくると精度の確認にすごく手間がかかってしまう。

 

全ページを確実にスキャンしつつ、精度の確認も同時に行うには、

白紙のスキップ機能は使わず、一度にセットする紙の枚数も揃えておくことが必要だと思う。

 

スポンサーリンク

まとめ

今日は紙の本を電子化するのに必要な道具と、具体的な手順を紹介した。

これで実際の取り込みまでは出来るようになったのではないかと思う。

 

次回はもっとも重要な「取り込んだデータをどう扱うか?」についてお話してみたいと思う。

はっきり言ってここまでは作業なので、手順さえ分かればそんなに苦労なく出来ると思う。

 

大切なのはそのデータをどう活かすのか、だ。

 

ぜひ、楽しく幸せなスキャンライフを送っていただければ嬉しい(笑)。

 

最後にこの記事から読み始めた方がいたら、前回の記事「本の電子化マニュアル(1)- なぜ本をPCなどに取り込む必要があるのか分からない方へ」も読んでみていただきたい。

主にスキャンする目的とはなんぞや?というようなことが書かれているんだけど、きっと参考になるところが見つかると思う。

またこっちの記事では、スキャンした書籍をどのように利用・活用するのかについて書いたので、ぜひ読んでみていただきたい。

 

それでは。

昨日よりほんのちょっとステキな明日があなたに訪れますように。

Twitterでフォローしよう

こんな記事はいかが?