ハンパなく音抜けするようになるギター用Gravityピックをレビュー

こんにちは。

ゆうです。

 

Gravittyというメーカーのピックをご存知でしょうか?

こんなような感じのピックがラインナップされています。

 

Gravityピックラインナップ

GravityピックHP(http://www.ariaguitars.com/jp/items/other-brands/gravity/より画像を引用

アクリル素材を1枚1枚、

職人さんが手作業で削り出しているそうです。

 

このピック、何がすごいかと言えば

このピックで弾くだけで音抜けがめちゃくちゃよくなることなんです

音のこもりとは無縁。

そんな悩みは一発解決!

 

今日はこのGravityピックを紹介したいと思います

 

スポンサーリンク

Gravityピックとは?

Gravityピックはアメリカのギターピックのメーカー名であり、

その商品名でもあります。

 

上でも少し紹介しましたが、

1枚1枚、職人さんがアクリルを削り出して 

手作業で仕上げをして作っているんだそうです

 

見た目も非常にキレイなんですよ。

Gravityピック

そしてけっこう肉厚なのが特徴で、

ぼくが使っているスタンダード・サンライズというピックでは

一番薄いもので1.5mm、

分厚いものだとなんと6mm(!)のものまで用意されているんです。

 

分厚くない?

弾きにくくない?

って思うかもしれませんが、

全く問題ないですね。

 

弾き心地についてはまた後述しますね。

 

ラインナップも形状・厚さと様々なんですが、

全部は紹介しきれないのでメーカーのHPのリンクを貼っておきます。

 

下記がそれぞれ日本とアメリカのHPリンクです。

日本のGravityピックHP

アメリカのGravityピックHP

 

使用しているGravityピック

さて、Gravityピックもいろいろと種類がありますが、

ぼくが購入したものはSunriseというシリーズの

Standardモデルと呼ばれているものです。

この厚さ2mmのものを使っています。

弦に当たる先の部分はかなりシャープな形状をしていて

見るからに明るい音がしそうなイメージです。

 

今日はこちらのピックをレビューしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

Gravityピックの長所

まず長所は次の3つです。

Gravityピックの長所
  • 圧倒的に音抜けする音
  • 弦の引っかかりを感じない弾き心地
  • 半年は楽勝で持つ耐久性

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

圧倒的に音抜けする音

ピックの先(エッジ?)が尖っているおかげなのか、

非常にブライトで音抜けのよいトーンが得られます

 

もちろん、使っているギターは同じ、

アンプのセッティング等も同じ。

弾き方も出来る限り同じようにしても

やはり音色が違うのです。

違うのはピックだけ。

 

明るい輪郭のある音になります

 

明るくなってトレブルが出てるのはいいけど、

中低域どうなってんのよ?

と思う方もいるかもしれませんね。

 

そこも心配ありません。

トレブルが出て輪郭はしっかり出しているものの

中低域が失われているわけではないんです。

中域の甘さやしっかり支えるローを感じることができます

 

むちゃくちゃおいしいトーン。

 

弦の引っかかりを感じない弾き心地

このピック、2mmの厚さではありますが、

弦にヒットする先の部分はかなり鋭く作られています。

ピックを横から見た図

なかなか写真がうまく撮れませんでしたが、

先の方はけっこう角度がついて鋭くなっているのがわかりますよね。

 

おそらくこの角度がちょうどいいんだと思います。

弦に引っかからず、うまくピッキングの力を逃してくれるような角度

まるでその厚みを感じないピッキング感が得られます

 

前述のようにアクリルでできているこのピック、

ましてや2mmの厚みもあるので

ピック自体は全くそりません。

 

それでも引っかかることなく、

弦の抵抗を感じることもなく振り抜くことが出来るのは

計算しつくされたピックのカットの仕方に秘密があるのでしょう。

 

っていうか、むしろ

下手に他のメーカーの1mmのピックよりも

スムーズに弾けます。

 

カッティングなんかで複数の弦を弾いても

ほんとに軽やかに弾けるんですよね。

 

自分もギター20年近くやってますが、

ここまで扱いやすいピックはこれが初めてです。

 

半年は楽勝で持つ耐久性

最後に耐久性。

これ、アマチュアさんであれば

冗談抜きで半年は持ちます

 

毎日3時間・4時間弾くよという方でも

2〜3ヶ月程度は持つんじゃないですかね。

 

ぼくが買ったもので1枚800円くらい。

これで半年というのはむしろ安いと思いませんか?

 

1月あたり120〜130円程度。

弾き方にもよりますが、

1〜2周間程度で普通のピックならダメになってしまいますよね。

 

むしろGravityの方が安い

 

音質も安定しているように思います。

使っている途中で気になったことはありませんでした。

 

いい加減音が丸くなってきて

最初の頃のブライトさがなくなってきたと感じたのが、

8ヶ月か9ヶ月目くらい。

 

たった1枚のピックでそれだけの期間持つなら

相当長持ちですよね。

 

Gravityピックの短所

Gravityピックとエフェクター

ここまで褒めちぎってきたGravityピックですが、

やはり短所もあります。

Gravityピックの短所
  • 甘い音が出しにくい
  • ピックスクラッチをすると一発で死亡
  • 高いだけになくすとツライ

こんなような感じです。

また簡単にコメントしていきます。

 

甘い音が出しにくい

これは完全に長所と紙一重なんですが、

あまりにブライトな音質ゆえに甘い音が出しにくいのです

 

もちろん、アンプのセッティングで

トレブルを下げてあげれば甘い音も出せるので

弾き心地の恩恵だけ受けることもできますが…。

 

そもそものこのピックのコンセプトからすると

それも違うのかなと…。

 

要するにあんまりジャズとかには向いていない音色だと思います。

 

ピックスクラッチをすると一発で死亡

アクリルの硬い材質なだけに

ピックスクラッチをするともはや割れてしまいます

一発で死にます。

 

という風に言えばわざわざピックスクラッチをしようとは思わないでしょうが、

気を付けたいのはスタジオでテンションが上った時に

直角に近い角度でピックを弦に当ててしまうことがないようにということなんです。

 

これもまた割れます。

 

ピック自体は2mmと厚いんですが、

エッジは角度がついているため

結構薄くなっています。

 

下手な角度で勢いよく弦に当ててしまうと

エッジが割れてしまうんです。

 

ある程度技術のある方ならそんな心配はないでしょうけど、

初心者の方は特に気を付けたいところです。

 

高いだけになくすとツライ

最後は高いだけになくすとツライ、ということです。

当たり前ですな笑。

 

1枚100円のピックならなくしても100円ですが、

Gravityはなくしたら1発で1000円なくすようなもんです

 

ピックってなぜか弾いてる最中に落としてしまうと

行方不明になりますが、

そんなこと許されないのがGravityのピックなのです。

 

音抜けよしのGravityピックまとめ

今日は音抜けが非常によいGravityのギターピックを

紹介しました。

 

次のような長所・短所があるものでしたよね。

Gravityピックの長所
  • 圧倒的に音抜けする音
  • 弦の引っかかりを感じない弾き心地
  • 半年は楽勝で持つ耐久性
Gravityピックの短所
  • 甘い音が出しにくい
  • ピックスクラッチをすると一発で死亡
  • 高いだけになくすとツライ

長所も短所も紹介しましたけど、

やはり長所が圧倒的に短所に勝っていると思います

相当買いなピックですね。

 

下手にエフェクター変えるとか、 

セッティングに時間をかけるとかするくらいなら 

このピックを使った方がよほどいいトーンが得られます

 

本当にそのくらい衝撃的なピックでした。

ぼくの使っているものだと1枚800円くらい。

(この記事を書いている日現在)

 

そこまでものすごい高いものでもないので、

ぜひ一度お試しいただきたいです。

このトーン、弾き心地、

他では得られません。

それでは。

今日よりほんのちょっとステキな明日があなたに訪れますように。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事