GoProは一眼の代わりになるのか? 一眼 vs GoPro写真画質対決してみた

こんにちは。

ゆうです。

このブログでも紹介してきたように

写真を撮るのが趣味の一つです。

ただ一眼を持ち歩くのは

ミラーレスの小型カメラと言えども

やはり少々荷物になります。

先日購入したGoProですが、

これも動画だけでなく写真を撮る機能があるんですよね。

GoProの写真の画質ってどんなもんなんでしょうか…。

果たしてGoProは一眼の代わりになるのでしょうか?

ということでミラーレス一眼とGoProの写真画質を

撮り比べてみました

今日は撮ってきた写真を見ていただこうと思います。

スポンサーリンク

GoProは一眼の代わりにならない

先に結論から言うと、

基本的にGoProは一眼の代わりにはなりません

一眼まで買ってカメラを楽しむ人って

やはりその圧倒的な画質や表現方法を楽しむ方が

多いと思います。

そういう意味ではGoProは十分な画質だとは

決して言えません。

特に色味にびっくりするくらいの差があります

写真にこだわりを持つ人が楽しめるほどの

可能性はどうもないような気がします。

GoProは様々なマウントを使って

自分視点での動画が撮影できたり、

手軽に持ち運べる録画用機材として優秀なのであって、

写真を撮る機能にだけ注目すると

そんなにレベルは高くないと思います。

オマケ程度、ということになりますね。

ただし、スナップショット程度の写真は十分取れますし、

とにかく荷物を減らしたいときに

GoProを選択するのはアリかと思います。

もっともその場合は携帯でも十分かもしれませんが…。

ちなみに少し加工してあげると

GoProで撮った写真もかなり見栄えはよくなります

これものちほど、実際に加工した写真をご紹介します。

GoPro vs 一眼 写真画質撮り比べ

使った機材

写真の比較の前に使った機材を紹介しておきます。

先に一眼ですが、SONYのα6000という機種と

魚眼レンズを組み合わせてみました。



レンズの方はGoProが魚眼みたいな写り方をするので

一眼の方も魚眼で揃えました

このレンズは広角レンズにフィッシュアイコンバーターという

アダプターみたいなものを取り付けることで魚眼レンズとして

使うことができるようになるというものです。

これらについて詳しいことはこちらの記事をご覧ください。

一方、GoProの方はGoPro HERO7を使いました。

この一眼とGoProで写真の比較を行います。

ちなみに場所は近所の公園で撮影しました。

この記事内の写真について
今日、紹介する写真はすべてブログ用に圧縮してあります。
なので、本来の画質よりも更に落ちている状態です。

でも、写真の画質比較なのに
本来の画質がわからないのでは話にならない…。

ということで外部サイト(Flickr)に圧縮前の写真を載せました。
それぞれの写真をクリックしてもらうと
圧縮前のいい画質の写真を見ていただくことができます。

1枚8M〜10Mくらいの容量で重たいです。
通信容量が気になる方はWi-Fiがつながったところで
見てみてくださいね。

木をGoProと一眼で画質比較

公園の木を撮ってみました。

緑色の出方にかなりの差があるように感じます。

先にGoProで撮った写真です。

木GoPro

次に一眼で撮った写真。

木α6000

色の鮮やかさにかなりの差がありますよね

GoProの方は少しくすんだ色のようにすら感じます。

画質そのものについては 圧縮前のものを見てもらえるとわかると思いますが

こちらもやはり差があります

(画像クリックで高画質な写真を見ることができます。)

一眼の方が輪郭mくっきりして

はっきりとした写真になっています。

銅像とバラ園をGoProと一眼で画質比較

次に公園の銅像とその周りに広がるバラを

一緒に撮ってみました。

逆光での撮影なので

光の感じもよく見てみてもらえればと思います

まずGoProでの一枚。

銅像GoPro

次に一眼での一枚。

銅像α6000

やはり色合いの違いには目が行きますよね。

ただ手前のレンガ調の道を見ていると

GoProの方もキメは細かい写真が撮れるなと感じます。

鳥居をGoProと一眼で画質比較

次に公園の中にある鳥居と池を撮ってみました。

先にGoProでの写真です。

鳥居GoPro

次に一眼。

鳥居α6000

遊歩道をGoProと一眼で画質比較

次に遊歩道を撮ってみました。

まっすぐに伸びた遊歩道。

魚眼はこういう風景に更に奥行きを出していくのが得意ですよね

先にGoProで撮った写真です。

小道GoPro

次に一眼で撮影した1枚。

小道α6000

どうでしょう?

色味が色味が…と言う一本調子のコメントも飽きてきたと思うので、

ここでGoProの写真を画像編集アプリに取り込んで

色味の補正をしてみたいと思います。

色味補正後のGoProの写真がこちら

小道GoPro編集後

かなり一眼に近い雰囲気になったんじゃないでしょうか

無加工だと発色はよくないけど、写真としてのデータ量は

十分あるということはわかりますね。

GoProの方が荷物的には少なくて済むので

GoProで撮影して、

気に入ったものだけは後で加工するという

割り切り方をする楽しみ方もアリかもしれません。

余談ですが、加工の方法についてはこちらの記事が

参考になるかと思います。

花を接写してGoProと一眼を画質比較

ここまで風景を中心に撮影してきたので、

最後に花を接写して比べてみましょう。

先にGoProで撮った1枚です。

花接写GoPro

次に一眼での1枚。

ちょっと構図がずれてしまいました…。

花接写α6000

またGoProの写真に色味の補正を行ってみます。

花接写GoPro加工

これは色味がどうのこうのよりも

背景の作り方に大きな差が出たパターンだと思います

一眼の持ち味である背景ボケが

しっかり出ていますね

GoProでこういった調整をするのはなかなか難しい。

なんとなく写真を撮って

こんなとこ行ったよね、とか

あんなことやったよねと振り返るだけなら

GoProでもいいと思いますが、

写真を楽しむという意味では物足りなくなるでしょうね、

GoProだと。

最後に参考までにiPhone7で撮った花も載せておきます。

花接写iphone

さあ、GoProと比べてどうでしょうか?

スポンサーリンク

GoProと一眼の写真画質比較まとめ

今日はGoProと一眼の写真の画質の差を

比べてみました。

自分としてはGoProは一眼の代わりにはなりえないと思います

何枚か撮り比べた写真を見ていただきましたが、

画質にはかなりの差がありましたよね。

ただ、冒頭でも触れた通り、

一眼は持っていくだけでもそこそこの荷物になります。

GoProはその点、本当に手軽に持ち運べますよね。

本気で写真撮りたいときには一眼を、

軽くパシャパシャやれればいいやくらいのときは

GoProを持っていって、

よく撮れた写真をあとで加工するという考え方でもいいでしょうね。

下手に同じ写真を撮るという機能がついているので

どちらかがもう片方をまかなえるんじゃないか?なんて考えますが、

完全にそれぞれの特徴をわかった上で

すみわけて使ってあげれば幸せに使えそうな気がします

ちなみにGoProにはスーパーフォト機能という機能があります。

使える場面はある程度限定されますが、

写真の見栄えがよくなるようにGoPro側で

画質を自動調整してくれる機能なんです。

それについてもこちらの記事で書きましたので、

よかったらお読みください。

GoProはGoPro,、一眼は一眼。

いいところを伸ばす使い方をした方がいいのは

ものも人も同じようです。

それでは。

今日よりほんのちょっとステキな明日があなたに訪れますように。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

こんな記事はいかが?