Luminar4「ランドスケープ・エンハンサー」の使い方
スポンサーリンク

こんにちは。

ゆうです。

 

この記事ではLuminar4の「ランドスケープ・エンハンサー」の使い方について

ご説明をしていきたいと思います。

 

ランドスケープというのは風景のこと。

エンハンサーは強調するという意味。

 

例えば風景を撮ったときの白い霞を除去したり、

夕方の柔らかいオレンジ色の光を足したり。

葉っぱの緑色を強調したり、色褪せさせたり。

ランドスケープ・エンハンサーはそうした風景の一部を

整えることが出来る機能です。

 

特に夕方の光を足すゴールデンアワーという機能は

個人的にも大好きな機能。

 

実際にLuminar4で調整した写真を見ながら

「ランドスケープ・エンハンサー」の使い方や効果を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

Luminar4ってどんなソフト?

具体的に機能を説明する前に簡単に

Luminar4について説明させてください。

 

Luminar4というのはRAW現像をするためのソフトです。

撮ってきた写真の色味の補正をしたり、

コントラストやら明るさやらを調整することが出来ます。

 

Skylumという会社が作っているソフトで、

Windows版もMac版も販売されています。

 

同系統のソフトで有名なのは

AdobeのLightroomですね。

 

Lightroomが月額いくらというサブスクリプション制なのに対し、

Luminar4は買い切り型のソフトとなっています。

一度買ってしまえば、それ以上お金がかからず使い続けることが出来るんですよ。

 

この買い切り型であることに関しては

趣味でやる人にとっては非常に強い利点になりますよね。

 

*お得にLuminar4を購入できる割引コード*
Luminar4を開発しているSkylum社より
プロモーションコードというものをいただきました。
 
プロモーションコード→ yu-and-you
 
購入画面で「yu-and-you」と入力して、
「適用」を押していただくと
なんと1000円引きでLuminar4を購入することが出来るんです!
 
こんな感じに↓。
Luminar4プロモコード
ぜひお得にLuminar4を使ってみてくださいね。
 
もしいきなり買うのはちょっと…という方は
こちらから30日の体験版を使うことも出来るので
ぜひ試してみてくださいね。
スポンサーリンク

Luminar4の「ランドスケープ・エンハンサー」を使うとどんな写真が出来るのか?

ランドスケープ・エンハンサーは

風景を整える機能だとお伝えしました。

 

それでは具体的にいくつか写真をお見せしますね。

まずランドスケープエンハンサーの補正を適用する前の写真です。

ランドスケープエンハンサー適用前1

 

これにランドスケープエンハンサーを適用すると

次のような写真になります。

ランドスケープエンハンサー適用後1

夕焼けのようなオレンジ色の光を足し、

緑の色もそれに合わせて少し黄色っぽい色合いにしています。

 

もう一例見てみてください。

まずランドスケープエンハンサー適用前です。

ランドスケープエンハンサー適用前2

 

次がランドスケープエンハンサー適用後です。

ランドスケープエンハンサー適用後2

これも夕焼けのオレンジ色の光を足して、

今度は緑色を少し鮮やかになるように調整しました。

 

2つ、もしくは3つのスライダーを少しいじるだけで

このように写真を補正することができます。

 

ランドスケープ・エンハンサーの紹介だけではないんですが、

Skylum社が公式で出している動画もあるので

時間のある時に見てみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

Luminar4「ランドスケープ・エンハンサー」のスライダー

ランドスケープ・エンハンサーには

次のような4つのスライダーが用意されています。

ランドスケープ・エンハンサーのスライダー
  • 基本項目
    • かすみ除去
    • ゴールデンアワー
    • 緑樹の増強
  • 詳細設定
    • 葉色相

それぞれの使い方は次項以降で説明していきますが、

最後の葉色相については、緑樹の増強を調整したときのみ

効く項目になっています。

 

基本項目の3つはそれぞれの効果が独立しています。

1つの機能につき1つのスライダーが割り当てられているので

使い方はシンプルですね。

 

Luminar4「ランドスケープ・エンハンサー」の使い方

ここからは実際に使い方を見ていきましょう。

 

すでに紹介した通り、

ランドスケープ・エンハンサーは主に4つの機能があります。

この内、最後の葉色相については緑樹の増強とセットになっている機能です。

 

それでは、順番に使い方と効果を見ていきましょう。

 

かすみ除去の使い方

かすみ除去というのは

白っぽくなってしまった風景写真の

白いかすみを取るための機能です。

 

例えば次のような写真があったとします。

かすみ除去前

 

これにかすみ除去をかけると、次のような写真になります。

かすみ除去後

白っぽく霞んだ色がなくなりましたよね。

 

コントラストや明るさ、色の補正を

たった1つのスライダーで調整してくれて

自動でかすみを取り除いてくれる機能なんです。

 

広い範囲を写した風景写真や航空写真、

もしくはガラス越しに撮影した写真などの補正に

その威力を発揮してくれます。

 

ゴールデンアワーの使い方

ゴールデンアワーというのは

日の出直後・日の入り直前の光のこと。

いわゆる朝焼け・夕焼けのオレンジ色の光のことです。

 

これをLuminar4では1つのスライダーで追加することができます。

自分は非常に好きな機能のひとつですね。

 

例えば次のような写真。

ゴールデンアワー前

 

これにゴールデンアワーを適用するとこうなります。

ゴールデンアワー後

柔らかい感じの光になりましたよね。

夕方っぽい黄金の光が当たっています。

 

葉っぱの緑は強調された感じになりますよね。

場合によっては次に説明する

緑樹の増強の代わりに使ってみるのも面白いかと思います。

 

ちなみにゴールデンアワーの効果は

ライトの温かみと、カラーの自然な彩度を調整することで

かなり近い効果が得られます。

 

温かみを上げ、自然な彩度も上げる。

あとは露出で明るさを整え、シャドウを足して少し引き締めてあげると

色合いとしては近くなります。

 

この辺を理解しておくと

ゴールデンアワーでの調整だと足りなかったりやりすぎたりしたと思う部分を

他の機能で微調整することが出来るようになります。

 

参考までにライトやカラーの使い方はこちらの記事をご覧ください。

 

緑樹の増強の使い方

緑樹の増強はその名の通り、

主に葉っぱの緑色を強調するための機能です。

 

例えば次のような写真があったとします。

緑樹の増強元

 

これに緑樹の増強をかけると次のようになります。

緑樹の増強適用後

葉っぱの緑が鮮やかになりましたよね。

 

ここでは分かりやすくするために強めに調整をかけました。

なかなか強烈な機能で

ちょっとスライダーを動かしただけで

かなり色合いが変わります。

 

自然な感じに使うのであれば20〜30程度を上限にして

調整する方が上手に使えるのかなと思います。

 

カラーの詳細設定から緑色の彩度やルミノシティを調整することで

似た感じの色合いにすることもできます。

 

葉色相の使い方

緑樹の増強とペアで使う機能がこの「葉色相」です。

葉色相は緑樹の増強で強調した緑の色に対してのみ

色相の変更を行うものです。

 

次は前項でお見せした緑樹の増強で緑を強調した写真。

緑樹の増強適用後

 

この写真に対して葉色相をマイナスに調整してみます。

葉色相マイナス

ちょっと黄色っぽくなりましたよね。

紅葉っぽい感じを演出することができます。

色相をマイナス側に振ることで色が黄色っぽく変化します。

 

ちなみに色相はプラス側に振ることもできて

プラス側に振ると次の写真のようになります。

葉色相プラス

写真としてはやや不自然な色合いになってしまいましたが、

効果としてはプラスに振ると緑が青っぽくなります。

 

これも緑樹の増強と同じように

カラーの詳細設定機能から緑色の色相を調整することで

同じような効果が得られます。

 

Luminar4「ランドスケープ・エンハンサー」の使い方まとめ

今日はLuminar4のランドスケープ・エンハンサーの使い方についてまとめました。

風景を整えるような機能が主で、

かすみの除去・夕焼けのようなオレンジの光の追加・緑色の強調がその機能です。

 

ランドスケープ・エンハンサーでは次のような調整スライダーが用意されていました。

ランドスケープ・エンハンサーのスライダー
  • 基本項目
    • かすみ除去
    • ゴールデンアワー
    • 緑樹の増強
  • 詳細設定
    • 葉色相

かすみ除去では写真の白っぽい色を除去、

ゴールデンアワーは夕方の柔らかいオレンジの光を追加、

緑樹の増強では葉の緑色を鮮やかにすることができました。

 

葉色相では、緑樹の増強で色を強調した緑の色相を

変えることができました。

 

参考までに、

ゴールデンアワーはライトの温かみとカラーの彩度で、

緑樹の増強はカラーの詳細設定から緑色の彩度とルミノシティを調整することで

似たような効果が得られます。

 

ゴールデンアワーや緑樹の増強で狙った効果が得られない場合は

これらの機能であとから微調整をかけることもできます。

 

繰り返しではありますが、

ライトとカラーの使い方についてはこちらの記事をお読みいただければと思います。

 

それでは。

今日よりほんのちょっとステキな明日があなたに訪れますように。

Twitterでフォローしよう

こんな記事はいかが?